一昔前の出会い系と今の出会い系の違い

一昔前の出会系と今の出会系の違いは?

出会系は90年代後半に出現しましたが、今と大分形が異なっています。
そこで、一昔前の出会系と今の出会系の違いについて話していきます。

 

出会系の多さ

出会系サイト時代には、出会系は沢山ありました。
ツーショットダイヤルから、出会系サイトに移行した頃は、数多くの業者が登場していました。

 

しかし、出会系サイト登場当時は、年齢制限もなく、無法地帯でした。
援助交際の温床や、事件が多く起こり、年齢制限が決められ、徐々に悪質な出会系サイトは消えて行きました。

 

笑顔の女性

 

サクラの違い

出会系サイト時代においては、サクラを雇って当たり前の世界でした。
それが、時代が流れサクラからポイントバッカーへ変化していきました。

 

ポイントバッカーとは、男性から貰えるポイントを目的とした方を指し、ポイント制が登場してからポイント還元を目的とした人が数多く存在し、経営者側から取り締まりが強化されました。

 

現在は、サクラやポイントバッカーは少なくなりましたが、名簿屋や風俗業の経営悪化による業者による悪用が少なからず存在します。

 

セキュリティの強化

出会系サイト登場時は、携帯電話時代のセキュリティも甘く、悪用が経ちませんでした。
しかし、現在のITの発展により出会系アプリでは、セキュリティが強化され、転載などは専門的な知識がない限りほぼ不可能となってます。

 

サポートセンターの対応

出会系サイト時代にも、サポートセンターは存在していましたが、対応に数日かかる事もしばしばありました。
出会系アプリの昨今においては、即日対応が当たり前になっています。

 

コールセンター

 

出会系のバリエーション

出会系サイトは、同じサイトに老若男女入り乱れていましたが、今は出会系の種類は若者向けから熟年向け、婚活アプリまで多種多様になっています。

 

また、料金形態もポイント制もあれば、月々の定額プランもあります。

 

まとめ
時代に合わせて変容を遂げている出会系ですが、サービスも良くなって、未だに根強い人気があります。